アール・デコの館 (旧朝香宮邸)
1933年(昭和8年)竣工。
朝香宮邸として建てられました。
大正14年にパリで開催された「アール・デコ博覧会」を実見した
朝香宮鳩彦王と妃殿下の允子内親王が、帰国後に自らの邸宅建築に際して、
アール・デコ様式を取り入れた宮邸です。
戦後、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、
1983年(昭和58年)より美術館として利用されています。

※この建物の館内は、年に一度の公開期間以外は撮影禁止となっています。
 こちらはコメント不可とさせていただきますm(_ _)m
5D & EF24-105mm F4L IS USM
e0001789_0553149.jpg





e0001789_0554644.jpg
e0001789_0555342.jpg
e0001789_05608.jpg
e0001789_0561162.jpg
e0001789_0561964.jpg
e0001789_0562829.jpg

[PR]
by adze | 2010-04-22 01:00 | 建物、工場 | Trackback
トラックバックURL : http://adze.exblog.jp/tb/12519047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Tulip Wonderlan... Le Petit Prince >>