D51シミュレーター(鉄道博物館)
鉄道マニアネタです(^_^;
昨年初めて大宮の鉄道博物館に行き主に車輌の展示を見て回りましたが、今回再び足を運び1日に27人しか運転できない念願のD51シミュレーターを体験することが出来ました。
本物のD51運転台を使ったシミュレーターは、蒸気音や車体の揺れまでリアルで鉄道好きには感動ものでした!
シミュレータ体験は2駅間(約12~3分)の走行となります。
D51シミュレーターの動画はこちら→鉄道ホビダス

40D & EF-S10-22mm F3.5-4.5
e0001789_143252.jpg





e0001789_1434378.jpg
e0001789_1435179.jpg

e0001789_1473982.jpg

D51運転手順(駅出発)
①ドレインコック、バイパス弁を閉める
②自動ブレーキを解除
③汽笛ペダルを踏んで発車汽笛を吹鳴
④逆転機ハンドルをフルギア(目盛"80")
⑤加減弁ハンドルを少し引き加速
⑥少し加速したところで、ドレインコックを開け閉めしてシリンダーに溜まった水を排水
⑦加減弁ハンドルを更に引く
⑧スピードメーターの速度を見て、速度と逆転機の目盛の合計を"70"に合わせるように調整する(逆転機ハンドルを回す)

※D51シミュレーターに乗るとき最初に運転手順の説明がありますので、操作方法がわからなくても大丈夫です。
[PR]
by adze | 2008-06-13 01:00 | レイルウェイ
<< 東京の建物 (国際子ども図書館) china town >>